【indeed】社内公募・採用タイミングに関して取材をうけた記事3本がリリースされました

indeed

採用に関するトピックについて取材を受けた内容が、indeed内でコラム記事としてリリースされました。1回目(2020年5月)2回目(2020年12月)3回目(2021年1月)に引き続き4回目です。今回は、「社内公募制度を実施する際のポイント」「社内公募制度のメリット・デメリットとは」「コロナ禍の採用、中小企業はどのタイミングで増員すべき?」についてです。

社内公募制度を実施する際のポイント
社内公募制度によって、必要なポジションに人材を補充するのも一つです。社員の意思が尊重される制度だけに、無理なく実施するにはいくつかのポイントがあります。人事業務・プロジェクトの支援を行うアルドーニ株式会社・代表の永見昌彦さんに伺いました。
社内公募制度のメリット・デメリットとは
新たに採用を行う前に、社内公募制度によって自社の社員から異動の希望を募るのも一つです。社内公募は社外から採用する場合とは異なったメリットとデメリットがあります。人事業務・プロジェクトの支援を行うアルドーニ株式会社の永見昌彦さんに伺いました。
コロナ禍の採用、中小企業はどのタイミングで増員すべき?
人手が足りなくても、先行きが読めないコロナ禍の採用は慎重になってしまうものです。特に採用できる人数に限りがある中小企業は、どのようなタイミングで増員を行うべきでしょうか。人事業務・プロジェクトの支援を行うアルドーニ株式会社・代表の永見昌彦さんに伺いました。

是非、一読ください。

【2021年10月15日追記】第5弾・第6弾はこちらです。

【indeed】採用業務におけるメールに関して取材をうけた記事がリリースされました
採用に関するトピックについて取材を受けた内容が、indeed内でコラム記事としてリリースされました。1回目(2020年5月) 、2回目(2020年12月)、3回目(2021年1月)、4回目(2021年.....
【indeed】オンボーディングに関して取材をうけた記事がリリースされました
採用に関するトピックについて取材を受けた内容が、indeed内でコラム記事としてリリースされました。1回目(2020年5月) 、2回目(2020年12月)、3回目(2021年1月)、4回目(2021年.....
タイトルとURLをコピーしました