Profile

よければこの記事をシェアしてみませんか?

Profile_3

Aldoni(アルドーニ)代表の永見 昌彦(ながみ まさひこ)です。

プロフィール

のべ1300名の中途採用者向けに新人研修のファシリテーターを行い、人事情報システムに精通したフリーランス人事。1973年生まれ。埼玉県草加市出身。
東京都在住。麻布高等学校→東京学芸大学教育学部卒業。コンサルティング会社で人事コンサルタント、事業会社(ラグジュアリーブランド持株会社)で人事企画マネジャーとして勤務した後、2016年にフリーランス人事として独立。

事業会社の人事部門で人事企画担当マネジャーとして人材開発・人事システム・人事企画の3つの業務を兼務していた時、人事システム専任に担当替えとなった。自分がやりたい仕事と、会社が必要としていることにバランスよくたずさわることができるポジションだと思っていたので、青天の霹靂の出来事だった。これをきっかけに、1つの会社で働いていることが、働く上での最大のリスクではないかと思い始める。同時に3社で働けるような環境をつくるべく独立を決意。

人事のプロフェッショナルとしての経験や実務能力を活かしつつ、法人・個人を対象に人事およびそれに関連することを枠にとらわれずに提供するという、現在のビジネスをたちあげる。

担当者がいない/不足しており、そのための正社員を雇うことが難しい状況であったり、フルタイムで雇うほどのボリュームは無いといった法人を対象に、人事全般、特に人材開発・人事システムのプランニング・コンサルティング・実務にたずさわっている。また、個人に対しては、ブレストパートナーとしてプロジェクト策定や課題解決策検討のための個別コンサルティングも行っている。法人・個人を問わず、ビジネスで成功するための支援を人事面から行うことで、ポジティブなサイクルを大きくしていきたい。

実績

事業会社の人事企画マネジャーとして人材開発を担当。月次で行う中途採用者向け新人研修のファシリテーターは9年間担当し、受講者数は1300名以上を超える。社員相談窓口(ホットライン)の設置をきっかけにしたハラスメント知識啓蒙の実現、福利厚生制度の見直し、評価制度のローカライズ化など、全社にまたがる人事企画を幅広く経験している。

人事システム導入・運用に関しては、コンサルタントとしてSAP HR(6社)、LMS(2社)の導入プロジェクトに参画。事業会社の人事システム担当として、COMPANY(人事・勤怠・Web申請)の導入・運用実績(6年)、SAP HR(人事管理、Talent Management、E-Recruiting)の導入・運用実績(3年)がある。

独立するまで(1997年4月~2016年8月)の職務経歴はこちらを参照してください。

独立後(2016年9月~)の実績

個別コンサルティング

  • 人事システム導入費用体系とその費用対効果(経営系ソフトウエア会社)

人事プロジェクト支援

  • 人事業務プロセス改善プロジェクト(ラグジュアリーブランド会社)
  • 人事システムのパッケージ選定プロジェクト(サービス業会社)
  • 人事システム上位方針検討プロジェクト(製造会社)

執筆

人事関連ビジネス支援

  • 販売パートナー

職務要約

年月 内容
1997年4月 SAPジャパン株式会社入社 HRMコンサルティングサービス配属
2000年4月 SAPジャパン株式会社退職
2000年5月

プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社入社(2002年10月からIBMビジネスコンサルティングサービス株式会社。)

2005年2月 日本アイ・ビー・エム株式会社 人事部門出向
2005年11月 出向帰任
2006年12月 IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)退職
2007年1月 リシュモンジャパン株式会社入社 人事本部配属
2016年8月 リシュモンジャパン株式会社退職
2016年9月 フリーランス人事として独立。Aldoni(アルドーニ)代表

プライベート

Private_1

  • 旅行(国内・海外):初めての海外旅行は大学3年時にアメリカ。日本人の参加者は自分一人だけで、15名程度の世界中から集まったメンバーと3週間かけてニューヨークからロサンゼルスまでバンで旅をした。また、香港が好きで中国への返還前の1回も含め、今までで11回ほど訪問している。
  • テレビ番組鑑賞:自宅にいるときは、たいていテレビはついている。好きなドラマは医療関係(Doctor X、医龍、救命病棟24時 など)。選挙後の特番をザッピングするのがひそかな楽しみ。
  • ワイン:白(ソーヴィニヨン ブラン)。シャンパンやスパークリングワインも好む。ジムにも通い健康にも気をつかっている(つもり)。

 

 

 

よければこの記事をシェアしてみませんか?

フォローしませんか?