ATDに参加しようと思っている方が最初にチェックしてほしいレポート記事

ATD

ATD(人材育成国際会議)に参加することを検討している方、あるいは、実際に参加したけど他の人はどのように感じたのかを知りたい・・・という方を対象に、今年5月に参加したATD2017に関連する記事をまとめました。タグ「ATD」でひっかけてくれてもよいのですが、ここではATD2017に関連する記事に限定しています。

ATD2017はアトランタで開催されました。近くにワールド・オブ・コカ・コーラやオリンピック公園があったにもかかわらず、全く観光もせず。ATDが主催したネットワーキングパーティーの会場だったジョージア水族館以外は、カンファレンスセンターとホテルの往復のみ。それでも、楽しかった記憶しか残っていません。

全ての記事に目を通すとするならば、だいたい30分くらいかかると思います。

参加宣言

自分で決めればよいだけというのは、簡単なことだと思う。2017年5月にATDに参加します
今朝は、いつもより早起きして英会話レッスンを受けておりました。8月まで外資系企業で勤務し、英語で業務をこなす必要もあったとはいえ、私は留学も留年(!)もしたことが無く、海外赴任の経験もありません。旅行.....

ATDとは何か/過去の経験に基づく反省点

3分で理解できるATD。人材開発にたずさわっているなら、ATDを知らなければモグリかも
毎年5月にアメリカで開催されるATD ICE <International Conference and Exposition>のイベント構成やセッションの種類、参加方法といった最初におさえておきたいATD-ICEの全体像を記載しています。
3分で理解できるATD。事前にどのセッションを受講するのかを計画しないなら、行かない方がマシ
5月に開催されるATD ICE(以下、ATDあるいはATD2017と記載)について、前回の記事でご紹介いたしました。私は今回で3回目の参加となるのですが、そのための準備も少しずつですがはじめております.....

参加セッションの選定方法・結果

3分で理解できるATD。どのセッションに参加するのか素案をつくったら、当初の予定と全く異なる結果に・・・
来月のATDまであと1ヶ月くらいとなりました。私もそろそろ枠ごとにどのセッションに参加するのかを決めようと思い、時間を見つけて何回かにわけてスケジュールを立てていました。どのように決定していったのかと.....

キーノーツスピーカーに関する調査

3分で理解できるATD。キーノーツスピーカーについて調べてたら、ある共通項が・・・。アトランタでどんな基調講演が聞けるのか楽しみ
GWをいかがお過ごしでしょうか?だいぶ先のことだと思っていたATD2017 も、いよいよ今月下旬となりました。ちょうど2週間後にはアトランタに出発します。ATDのスマホ用アプリも2017年向けのものが.....

現地でのセッション参加も含む過ごし方

ATDに参加した際の1日の過ごし方。結構、タイトなスケジュールをこなしています
アトランタで開催されているATD2017に参加しました。本日(現地:5月24日)、最終日をむかえ、先ほどツアーメンバーとの打ち上げ会を終えたところです。明日、日本への帰国便に搭乗します。セッションの内.....

ATDで学んだこと・感じたこと

マイクロラーニング

<ATD2017>Microlearning(マイクロラーニング)は学習方法の一つ。高速にPDCAサイクルを回し続けることが最重要
アトランタで開催されていたATD2017も終了し、私も昨日(5/26)帰国しました。今回は事前の準備も、(私としてはしっかりと)行っていたこともあり、充実かつハードな4日間でした。現地での滞在様子はこ.....

戦略的パートナー

<ATD2017>社員にとって研修を受けることは目的ではない。戦略的パートナーとしての人材開発プロフェッショナルとは?
先週参加したATD2017のセッションの中では、人材開発プロフェッショナル(以下、L&Dプロフェッショナル)がエグゼクティブや他部門に求められていること/必要なこととは、どういうことなのかをテ.....

研修効果のためのアクション/レポート

<ATD2017>研修効果を示すには、この4つの視点をおさえておけばいい
アトランタで開催されていたATD2017も終わってから1週間ちょっとが経過しました。エビングハウスの忘却曲線いわく、「記憶は1週間経過すると77%が忘れてしまう」と言われています。忘れないうちに、復習.....
<ATD2017>研修効果測定のためのレポートに必要な視点。ターゲットによって内容を変え、研修とニーズの因果関係を明確にしておく
5月にアトランタで開催されたATD2017に関する記事はいくつか掲載していますが、これで一区切りとなります。研修の効果をはかることにフォーカスした「Learning Measurement &.....

 

タイトルとURLをコピーしました