ATD2018の気になるところを勝手にピックアップ。現地からの情報もお待ちしています!

よろしければこの記事をシェアしませんか?

本日(5月6日)からATD ICE <International Conference and Exposition>(以下、ATD2018と記載)がサンディエゴで開催されます。例年5月中旬から下旬に開催されるのですが、今回は上旬、しかもGW直後とちょっとだけ前倒しのようです。昨年のアトランタで開催されたATD2017に参加しましたが、あっという間に1年経過したとは・・・。

ATD(人材育成国際会議)に参加することを検討している方、あるいは、実際に参加したけど他の人はどのように感じたのかを知りたい・・・という方を...

今回は、毎年ATDに参加されているエキスパートな方、初めてATDに参加される方、毎年気になっているけど結局、日本でどこかの研修会社が開催する「報告会」にしか出たことがない・・・といった方など、ATDに興味がある方々を対象に、今年のATDで気になるところを勝手に記載したいと思います。

ちなみに、私はATD2018には参加しません。日本からもきっと多くの方が参加するはずなので、現地からの情報やトレンドなどはそういった方々のレポートで情報収集します。また、情報もお待ちしています!!

日本からの参加者

今まで3回(2013年・2015年・2017年)ATDに参加したことがあります。初回(2013年)はあまり感じなかったのですが、昨年は会場内にいると結構、日本人をみかけたし日本語も聞こえてきました。実際、昨年はアメリカ以外の国からの参加者人数(海外からの参加者人数)の第2位が日本でした。

アトランタで開催されているATD2017に参加しました。本日(現地:5月24日)、最終日をむかえ、先ほどツアーメンバーとの打ち上げ会を終えた...

今回も日本からの参加者は多そうです。私の周囲でも何人か参加される方がいらっしゃるし、さらに「デリゲーショングループ」とよばれる「グループでの参加」も日本からは7社/団体が掲載されていました。それ以外にも個人で参加される方もいらっしゃいます。会期の最終日に国別参加者数も発表されるので、その結果を待ちたいと思います。

<追記:海外からの参加者数について>

サンディエゴで開催していたATD ICE2018も無事に終了したようです。会場の様子は、参加している方からのSNSへの投稿やATDのサイトか...

 オバマ前大統領のスピーチ

昨年の早い段階から、3回行われるGeneral Sessionの1つが前アメリカ大統領のBarack Obama氏が登壇されることはアナウンスされていました。今年の参加者の中には、これを最大の目的にされている方もいらっしゃるでしょう。

General Sessionの3人のスピーチは、それぞれが話す内容の土台というかテーマが緩やかに統一されていることが多く、そこから、「(団体としての)ATDが何を伝えたいのか」というメッセージを読み取ることができます。

オバマ氏も含む3名からどんなメッセージが発信されるのか楽しみです。

マイクロラーニング関連のセッション

昨年のATD2017でも取り上げられ、私もこの記事で何度かテーマとしたことがある「マイクロラーニング」については、今年も多くのセッションが予定されています。

アトランタで開催されていたATD2017も終了し、私も昨日(5/26)帰国しました。今回は事前の準備も、(私としてはしっかりと)行っていたこ...
一つのサービスを開発し、世の中にリリースすることによって変化することもあります。例えば、LINEやiPhoneは、それによって人々のライフス...

セッションサーチ機能を使って「Microlearning」と入力したところ、INSTRUCTIONAL DESIGNトラックを中心に17セッションが検出されました。INSTRUCTIONAL DESIGNは、研修そのものをどう設計するのかということがテーマなので、マイクロラーニングについて取り上げたセッションが多いのも納得です。

予想ですが、「マイクロラーニングとは何か?なぜ注目されているのか?」という入門的なセッションから、「実際に導入したケースの紹介」といったセッションまで様々なものがあると思います。この辺は参加された方からのレポートに期待したいです!

セッショントラックの傾向

これはあれこれ予測するよりも、実際にカウントしたものをもとに意見を述べたいと思います。

かつて人材開発界隈では話題となり多く取り上げられていた、「研修の成果・効果をどう測るのか」がテーマである「LEARNING MEASUREMENT & ANALYTICS」の数が少ないのが印象的です。私もATDに参加するとこのトラックのセッションに数多く出席していました。研修で学んだこと・気づいたことが、ビジネス上でどう活かされたのかという成果を測定するのは当たり前になったということなのでしょう。

Track (種別)
CAREER DEVELOPMENT20
GLOBAL HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT17
GOVERNMENT6
HEALTHCARE10
HIGHER EDUCATION4
INSTRUCTIONAL DESIGN40
LEADERSHIP DEVELOPMENT49
LEARNING MEASUREMENT & ANALYTICS16
LEARNING TECHNOLOGIES45
MANAGEMENT13
SALES ENABLEMENT14
SCIENCE OF LEARNING28
TALENT MANAGEMENT29
TRAINING DELIVERY34
Total325
HR Techの一つでもある「LEARNING TECHNOLOGIES」トラックが、人材開発の中心的なテーマでもある「LEADERSHIP DEVELOPMENT」の次に多いのは、やはりトレンドと言えそうです。私は9月に「HR Technology Conference & Exposition 2018」に参加しますが、そこで取り上げられるものと重複する部分もあれば、人材開発の視点からのテクノロジーについてのセッションもあるでしょう。
 
具体的には「モバイルラーニング」や「バーチャルラーニング」の実例や、導入におけるテクニカル・オペレーショナルなアプローチ方法は、ATDならではのものではないかと推察します。

ワシントンDC→デンバー→ロス

来年以降の日程と開催地も既に公表されています。2019年から順番にワシントンDC 、デンバー(2020年)、ロサンジェルス(2021年)とのことです。時期は、いずれも5月下旬と例年と同じ時期のようです。今年の様子をふまえてですが、来年のワシントンDCは参加しようかな。  

<2018年6月23日追記>

東京で開催された「ATD2018報告会」に出席したことを記事にしました。

先日(6/15)、ピープルフォーカスコンサルティング社主催による「ATD2018報告会」が開催されました。これは、毎年グループを組んで人材開...
ATD2018のWebサイト公式ガイドブックを参照して記事を書いています。
★この記事が役に立った、あるいは気に入ったらサポートをしてみませんか?(PayPalアカウントが必要です。金額を変更することもできます)

よろしければこの記事をシェアしませんか?

フォローしませんか?