【indeed】オンボーディングに関して取材をうけた記事がリリースされました

indeed

採用に関するトピックについて取材を受けた内容が、indeed内でコラム記事としてリリースされました。1回目(2020年5月)2回目(2020年12月)3回目(2021年1月)4回目(2021年5月)に引き続き5回目です。今回は、「オンボーディングを実施するメリットとは?」についてです。

オンボーディングを実施するメリットとは?
新入社員が早く会社になじみ、活躍できるように後押しするオンボーディング。そのメリットと手法、正しく実施するコツについて、人事業務・プロジェクトの支援を手掛けるアルドーニ株式会社・代表の永見昌彦さんに解説していただきました。

是非、一読ください。

【参考】オンボーディングに関して扱った過去記事

オンボーディングは制度・仕組みをつくるだけではなく、それを運用する社員のマインドやアクションも重要
外資系企業だけではなく、多くの企業で「オンボーディング」という概念が日本でも定着しつつあります。@人事で掲載していただいている「社員に選ばれる会社の人事制度・人材開発」シリーズでも、オンボーディングの.....
人事ごった煮会Vol.25に参加しました。オンボーディングが会社にとって必要な理由や意義を考えた
「オンボーディング」については、↓の記事などでも取り上げたことがあります。「人事ごった煮会」でオンボーディングに関するイベントが先日開催されたので、参加しました。 2社のLT(Lighting .....
新入社員の定着・活躍を後押しする「オンボーディング」とは?|@人事ONLINE
オンボーディングとは、新たに入社した社員に対して、早く活躍できるように組織としてのサポートを行うことです。採用活動の効果を最大限に生かすためのオンボーディングとは具体的にどんなものなのかを解説します。【@人事】

【2021年10月15日追記】第6弾はこちらです。

【indeed】採用業務におけるメールに関して取材をうけた記事がリリースされました
採用に関するトピックについて取材を受けた内容が、indeed内でコラム記事としてリリースされました。1回目(2020年5月) 、2回目(2020年12月)、3回目(2021年1月)、4回目(2021年.....
タイトルとURLをコピーしました