【速報】ATD2019をTwitterとFacebookで振り返る

この記事を共有しませんか?

ATD2019も無事に終了しました。セッションの内容を中心に、随時Twitterにて発信していました。今回のATDに関しての詳細は、改めて記事にしたいと思っています。Twitterは時差の関係で見逃してしまった方も多いと推察します。そこで、HR Technology Conference & Expoの時と同様に関連ツイートをここに掲載します。今回は、Facebookページの記事も盛り込みました。(ツイートは実際のツイート順ではなく、時系列にしております)

1日目:2019年5月19日

同じMicrolearningに関するセッションで部屋が隣の隣だったので、自分が間違いに気が付いたのは、セッションが開始してから。そのまま参加し続けたのですが、内容は結構よかったです。

マイクロラーニングが失敗する行動例として、「範囲・テーマを限定していない」「ニーズを明らかにしていない」「いきあたりばったり」「方針・計画を定めていない」「アクセスが容易ではない」といったことを話していました。(”間違えて” 参加したのは、「SU112 – Jump-Start Your Microlearning Program」でした。)

「タレントマネジメントシステムを最適化するためには」というテーマでしたが、内容は人事システム全般についてあてはまると思いました。「(システムに対する)フィードバックを得る」「(システムを運用するために適切な)要員計画を立てる」「外部連携やデータフローを確立させる」など、基本的なことばかりでしたが、この視点での整理は新たな発見でした。

2日目:2019年5月20日

EXPOランチは段々とレベルアップしている気がします。写真は撮っていませんが、最終日は中華ボックスで味も結構おいしかったです。(ちなみに2017年はこんな感じ

「M101 – Can We Talk? I’m Leaving: 7 Steps to Effective Employee Off-Boarding」にも出席したのですが、これが今回最もハズレだと感じたセッションでした。「退職プロセス」を紹介しているだけだったので、ツイートもしませんでした。

3日目:2019年5月21日

この他に、「ロボットが次の15年以内に(アメリカの社会人の)35%を占める」という予測も発表され、その予想を具現化したバーチャルムービーも流されました。そこでは、「国際的な会議でも発言し、活躍する(女性)ロボット」が、インタビュアーの質問に対して話しながら感極まって泣き出しそうになる表情が人間そのものだったのが、とても印象的でした。

火曜日は4セッションの枠があったのですが、3セッション目はスキップしました。この日は早朝から基調講演もあり、結構疲れがたまっていたので、Global Villageで参加したセッションの整理などの時間にあてました。

4日目:2019年5月23日

このツイートは、スピーカーも目にしてくださったようで、↓のようにリツイートしてくださいました。(英語で発信した意味があった・・・)

エリック・ウィテカー氏は、何十人ものコーラス団を舞台にむかえ、さらにインターネットでつないだ「バーチャル合唱団」によるパフォーマンスを、この会場でも実演してくださいました。(私の予想が当たった(笑)!)

来年(2020年)はデンバーで開催されます。

よろしければ、Twitterのフォローのほどお願いいたします!

<ATD2019のレポート>

先日のATD2019にて、多くのセッションに出席しました。その中で、「人材開発プロフェッショナルの役割や期待すること」について言及していたセ...
「フィードバック」は、評価サイクルだけではなく、日常の業務の中でも定着しつつあるアクションでしょう。ATD2019においてもフィードバックに...

<ATD2019に関する過去記事>

毎年5月にアメリカ国内の都市で開催されるATD人材育成国際会議(以下、ATD-ICEあるいはATDと記載)、今年は5月19日~22日@ワシン...
1月の記事で告知したATD2019もいよいよ来月中旬となりました。そのため、どのセッションに参加するのかを検討しはじめました。もちろん、直前...
ATD2019のキーノーツスピーカー(オプラ・ウィンフリー、セス・ゴーディン、エリック・ウィテカー)について事前に調べておきたいと思います。ここ数年、毎回3名の方が登壇しており、そのうち1名が芸術系の方です。
いよいよ次の日曜日(5/19)からATD2019が開催されます。今回は、準備状況などATDに関することをアップデートしたいと思います。手を抜...
★この記事が役に立った、あるいは気に入ったらサポートをしてみませんか?(PayPalアカウントが必要です。金額を変更することもできます)

この記事を共有しませんか?

フォローしませんか?