ZOOMなどのオンラインミーティングツールでセミナー参加から英会話レッスンまでやってみた

この記事を共有しませんか?

前回、オンラインミーティングツールを使った活動について記事にしました。

コロナウイルス感染拡大を防ぐために、リモートワーク(テレワーク)を実施する企業も増えています。私が担当しているお客様の中でも、先月からオフィ...

あれから1ヶ月半くらい経過しています。続編として、それ以降の状況について記載したいと思います。

HRカンファレンス

オンライン開催に変更

先週行われたHRカンファレンスもオンラインで開催されたので、いくつかのセッションに出席しました。移動時間も不要で、スケジュール調整もしやすかったからです。もともとは、会場でオフライン開催だったのに急遽オンライン(ZOOM)による開催に変更されました。

こちらは2年前の様子ですが、まさに「三密」の典型のような状況(笑)。予定通り会場を使ったオフラインセッションは、この時期に開催するのはむずかしいでしょう。

パネルディスカッション中に、たまにハウリングが発生したくらいで、急遽の変更だったにもかかわらず実際の運営は最初からオンラインで行う予定だったのか?と思うくらいしっかりとしたものでした。

オンラインで行うことによって、普段は参加することができない地方の方々も参加していたらしく、「ありがたかった」というツイートもちらほらみかけました。

抱き合わせ商法は健在

ただ、セッションの中身については色々と思うところがありました。セッション時間の3分の1から半分くらいは、自社サービスや製品の特長などの説明に費やすものがほとんどで、得るものはあったものの「中身がうすい」と感じるものが多かったです。

「あるセッションを申し込むためには、その前の時間帯に行われる3つくらいのセッションの一つを申し込む」必要がある、「抱き合わせ商法」も相変わらず健在していました。2年前に↓のような記事をリリースしていますが、これらに関しては変わってないなぁ・・・と感じました。

blank
午後に2つのセッションに参加するため、4日間開催されていた「HRカンファレンス2018春」の最終日に行きました。過去に参加しようと思ったもの...

セッションからの気づき・メモ

ざっくり学ぶ財務諸表

「ざっくり学ぶ財務諸表」というタイトルの3時間セミナーを先日受けました。決算書を自分で作成しているものの、その中身や意味合いを少しでも理解できるようになりたいと思い、申し込んだものです。これも当初は、オフラインセミナーとして都内で開催する予定だったので、そのためのスケジュール調整をしていました。

1か月前くらいにオンラインセミナーに変わる旨、連絡をもらったので、当日はZOOMによる参加でした。途中で少人数によるグループワークも何度かあったのですが、新潟から参加している方もいらっしゃいました。これもオンラインならではです。

「財務諸表を見るべきポイント」がざっくりと学べたので、時間をつくって参加してよかったです。必要に応じてテキストなど見返すことで、より理解を深めていきたいです。

オンライン英会話

通っている英会話学校が臨時休校してしまったため、オンライン英会話レッスンにチャレンジしようと思い、2校(DMM英会話、Bizmates)のトライアルレッスンを受けました。トライアルレッスンといっても、特別なものではなく通常と全く同じ内容で無料で数レッスン受けられるものです。

確かにレッスンのために移動しなくてもよいし、レッスンを受けようと思ってからすぐに予約→受講が可能となるのは便利です。その一方、Skypeだとレッスン中に切れてしまうことがあったり、うまく操作できなかったのか、変な動き(講師のコメントが即時に読めず、別画面に遷移しないといけない)が必要となってしまうこともありました。そのため、独自ツールでWeb内で完結したDMM英会話が使いやすかったです。

この費用でここまでできるならば、十分なレベルのサービスかな、と思いました。

ただ、「このニュース記事でレッスンを受けたい」とリクエストを事前に提示しているのに、全くチェックしていないのか、「今日はどんなレッスンをしようか?」と聞いてくることもあるので、レッスンの質は講師にかなり依存するものなのかもしれません。

今まで通っていたところがしっかりしていたんだなと改めて実感したので、レッスン再開が待ち遠しいです。

★この記事が役に立った、あるいは気に入ったらサポートをしてみませんか?(PayPalアカウントが必要です。金額を変更することもできます)

この記事を共有しませんか?

フォローしませんか?