5年目をむかえて変わったこと変わっていないこと

この記事を共有しませんか?

2016年9月に独立してから、今月で5年目に入りました。早いものです。当日の9月1日には、↓のようなツイートをしました。

変わらずに事業を展開してきたと思う一方、気が付かないうちに変わっていることもあるでしょう。法人化したこと以外で、この4年の間で「変わったこと」と「変わっていないこと」をそれぞれ3つあげてみたいと思います。

変わったこと

「市民権」を得たオンライン

4年前どころか私が会社員の頃から、オンラインによるミーティングやセミナー・研修が行われていました。しかし、その当時は「海外など物理的に距離がある」「多数回実施する必要がある」といった、「本当は直接会うのが望ましいけど、それが難しいゆえの”補完手段”」という認識が広まっていたように感じています。

そのため、「リモートワーク」も企業にとっては「存在しない概念」のことも(笑)。

「働き方改革」や「コロナ禍」によって、一気に「オンライン」という手法は、Zoomなどのツールだけではなく概念も広まり・定着してきたと思います。そのため、仕事環境としては行いやすくなったと言える面もあります。

スタートアップや小規模企業の案件

当初は、「誰もが名前は聞いたことがある大企業・有名企業」の案件が多く、社員数が少ない企業やスタートアップ企業への関与がほとんどありませんでした。

しかし、今は社員数が5名から数万人、外資系も日系だけではなく、NPO法人や一般社団法人までかなり幅広い経験をつむことができました。そのため、「中小・スタートアップ専門」といったような企業規模でターゲットをしぼるということは一切考えておらず、今後も様々な組織(企業)と接点をもっていきたいと思います。

公共事業に関与

民間企業が対象ではあるものの、実施主体が地方自治体という案件にも関わることができました。仕事の幅だけではなく、クライアントの幅もかなり広くなってきました。これは、自分一人で営業活動を行うには限界があるので、エージェント様からの紹介も積極的に受けていることが功を奏したと認識しています。

変わっていないこと

社員を雇っていない

独立して法人化した目的は、会社を大きくするということより自身の望む働き方の具現化のためという要素が強いため、現時点においても社員は雇っていません。今のところはその予定も無いです。雇用に関係なく、「チーム」として仕事ができるのは、いくつかの案件で経験しました。

Webサイトのスタイル

本来、会社のWebサイトの場合、トップ画面は会社の概略であることが多いですが、弊社は個人事業主だった頃と変わらず、ブログスタイルです。更新時期があいてしまうことがありますが、基本的にはこのスタイルはしばらく踏襲していきたいと思っています。

「Aldoni」は現時点では個人事業主としての屋号であり、会社ではありません。とはいえ、「個人企業っぽい」体裁で事業をしております。このWe...

仕事の領域

一言で「人事」といっても採用・人材開発・労務・評価・制度など範囲は広く、案件によってかかわる範囲は異なりますが、「人事領域」という点は変わっていないです。仕事の手法の点では、オンラインツールをフル活用する傾向が高くなったといえますが、これは私だけではなく、時代の変化とも言えるでしょう。

会社員だった頃よりも、明らかに自分の守備範囲も広がり、人事領域ならばフルスタックで対応しています。

5年目も地に足のついた事業展開につとめたいと思います。よろしくお願いいたします!

★この記事が役に立った、あるいは気に入ったらサポートをしてみませんか?(PayPalアカウントが必要です。金額を変更することもできます)

この記事を共有しませんか?

フォローしませんか?