TwitterとFacebookの広告のどちらが宣伝効果が高いのかを比較してみた!

よければこの記事をシェアしてみませんか?

TwitterやFacebookはお金を払うと広告を出すことができます。これは、企業だけではなく個人で行うことも可能です。何度か私も広告を出したり、Twitter Japan社のセミナーでも広告についての話をうかがったこともあります。

Twitterをビジネスに活用するヒントを得ました。早速Twitterフォローボタンを追加!
Twitterのアカウントは私も持っており、ブログ記事の更新などの宣伝には使っております。ビジネス上、有益なツールであると認識しており、独立...

先日、HR Techサービスの「まずコレ!」について記事をあげたところ、BizHint HRにも取り上げていただくくらい反響が高かったです。それならばTwitterやFacebookに広告を出すことによって、さらにリーチを拡げることで、より多くの方に記事を読んでいただこうと思いました。その際、どちらの広告が効果があるのかを「実験」してみることにしました。

<初心者から上級者まで>HR Techって結局どれがいいの?と思った時は「まずコレ!」の5つ
昨年くらいからHR関連のクラウドサービス、いわゆるHR Techが注目されています。これは日本だけではなく海外でも似たような状況です。いろい...
スポンサーリンク

条件の定義

各SNSによって設定できる内容に多少の違いがあるのはふまえつつ、できるだけ同じ条件になるように設定をしました。

  • 期間:2017年8月23日~30日の1週間
  • 金額:1日100円を予算とし、総予算は700円
  • 広告目的:該当記事にアクセス(=クリック)してもらうことを目的
  • ターゲット設定:人事に興味がある方、経営者・役員をターゲット

Twitterの場合はフォローしているアカウントの指定もできたので、日経新聞ダイヤモンド・オンラインなど、ターゲットの方がフォローしてそうなアカウントを(独断で)選定しました。

文字数制限などもあるとはいえ、文言もある程度そろえました。その結果、実際に広告として流したのは以下のとおりです。

Twitter

Facebook

数のTwitter・率のFacebook

1週間経過して、どちらの広告から該当記事へのアクセスがあったのか・・・。

  • Twitter:14クリック
  • Facebook:3クリック

Twitterの方がFacebookより5倍近くの効果がありました。(とはいえ、レベルの低い数値ではありますが(笑))

インプレッション(広告が表示された回数)は以下の通りで、なんと25倍以上の違い。

  • Twitter:10396
  • Facebook:410

こうやってみると、Twitterの拡散力が著しいことが明確になりました。ただ、記事に対するクリック率は、Facebookの方が高かったです。

  • Twitter:0.13%
  • Facebook:0.73%

導きだされたこと(仮定)

予算もとても少なく(各々700円)、期間も1週間と短いので断定はできませんが、私のサイトにおける傾向は導きだされたかなと思います。

Twitterの方がFacebookより拡散性は高い。ただし、クリック率の点ではFacebookに軍配があがる。

普段のアクセス経路は、SNS経由だとTwitter、Facebook、はてなブックマークがあげられます。私のWebサイトの場合、アクセス数の比率でいえば、SNS経由の70%程度がFacebookからのアクセスで、Twitterからの流入はSNS経由全体の2割程度です。そのため、通常時と広告による宣伝を行った時では、SNS経由アクセス数の比率に変化(=Twitter経由が普段より増える)が出てくるようです。

かなり、ざっくりとした「実験」ではありましたが、今後のビジネスにも役立てたいと思います。こうやって、仮説作成→アクション→検証をゴリゴリに行うのがWebマーケティングなんですね。

スポンサーリンク

よければこの記事をシェアしてみませんか?

フォローしませんか?