人事業務委託/人事プロジェクト支援

よければこの記事をシェアしてみませんか?

人事業務委託、人事プロジェクト支援のどちらも、フルタイムで雇うと、支払う給与の2倍以上の人件費+αがかかります。長い付き合いをさせていただけるならば、会社の特徴や事情もかなり掌握しているはずなので、ご契約期間中は専任の「人事に関する社外参謀」としての役割も担えるはずです。

人事業務委託とは?

人事全般、特に人材開発・人事システムのプランニングや実務を週1-3日の常駐あるいは、リモートで対応いたします。お役にたてるケースの例としては以下となります。

  • 人事関連で専門性が要求される業務があったとしても、フルタイムで雇うほどのボリュームではない。
  • 採用業務や研修業務など人事業務が煩雑なのは認識しているが、何から手をつけてよいのかわからないので、業務を担当してもらいつつ適切な仕組みを作ってほしい。
  • HR Techサービスを入れたもののうまく使いこなせていないので、業務にあわせて使えるようにしたい。場合によっては見直したい。
  • 人事担当者は給与・労務担当しかおらず、人事企画や人材開発の担当者がいない(あるいは不足している)。そういった状況で最低限必要なことに着手したり、拡張していきたい。
  •  人事担当者が不足しているが、正社員を雇うことが難しい状況
    • プロジェクトや繁忙期などで一時的に増員が必要
    • 一定期間内に全国の事業所に人事制度などの説明会を行わないといけないが、人手が足りない
    • 産休対応など期間限定で即戦力が必要 
    • 企業案内セミナーにおけるブース人員が必要

人事業務委託費用

人事業務委託につきましては、業務内容/工数などにより価格は異なるため見積もりを提示いたします。

例:月2回程度の研修プログラム 運営・事務局(講師担当は含まず)

→週1日~2日 常駐の場合:月額10万円~40万円(税別)

人事プロジェクト支援とは?

人事関連のプロジェクトのサポートを週1-3日の常駐あるいは、リモートで対応いたします。例えば以下のようなものです。

  • 人事業務フローの見える化・改善・標準化支援
  • 人事制度、評価体系導入、研修プログラム開発、後任者計画管理などのプロジェクトおよびPM(プロジェクトマネジャー)のサポート
  • HR Techサービスの選定・業務設計・導入・運用支援
  • 採用戦略を策定したい
  • 外資系企業における人事制度、評価体系、研修プログラム、後任者計画管理などのローカライズサポート
  • SAP HR、COMPANY、LMSといった人事システム導入におけるSubject Matter Expert(SME:特定の領域や分野における固有の知識を有する専門家)として、プロジェクトおよびPMのサポート

人事プロジェクト支援費用

人事プロジェクト支援につきましては、業務内容/工数などにより価格は異なるため見積もりを提示いたします。

例:人事基幹システム導入PMサポート

→週2日 常駐+週1日リモート対応の場合:月額45万円~70万円(税別)

想定しているお客様

  • ベンチャー企業などで人事担当者がいない会社
  • 人事担当者はいるが、人員が不足している会社
  • 一時的に人事担当者が不足している会社 など

場所

  1. お客様先(常駐)
  2. リモート対応(Skype,メールなど)

交通費・宿泊費(お客様先のみ)

業務委託・プロジェクト支援場所が日本橋から片道2時間以上あるいは直距離100キロ以上の場合は、交通費実費+宿泊日数×13,000円+前泊あるいは後泊宿泊費用として13,000円をご負担いただきます。

申込から実施・支払までの流れ

  1. こちらのフォームにてお問合せ・申し込みのほどお願いします。
  2. まず、打ち合わせを行い、業務委託・支援内容について調整します。双方合意のもとにご契約となった場合、契約書を交わします。
  3. 費用は月次にて、前月末日までに前払いにてお願いしております。振り込み手数料はご負担ください。
  4. 遠方のため交通費・宿泊費が発生する場合は、Aldoniから「3.」とあわせて請求書にて提示しますので、そちらを振り込みください。振り込み手数料はご負担ください。
  5. 「3」の振り込みが確認できてから、業務開始となります。

よければこの記事をシェアしてみませんか?

フォローしませんか?